読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米主婦lilyの生活日誌

新米主婦lilyの日々の生活での出来事を書いています

映画 『ムーンライト』を観に行ってきました

3月31日からロードショーだったので

行ってきました

 

f:id:lily-book:20170405083915j:image

f:id:lily-book:20170405083926j:image

 

 アカデミー賞 作品賞受賞作品

ムーンライト

 

配布用パンフレットに書いてあったあらすじを載せます

名前はシャロン、あだなはリトル。

内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっこたちから標的にされる日々。

その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。

高校生になってもなにも変わらない日々の中で、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに…。

 

 

  • 観に行った感想

 

配布用のパンフレットに

“最も切なく、最も純粋な愛の物語” “LGBTQをテーマにしたラブストーリー”
と書かれていたので、単に恋愛ものと思っていました

 

観に行くことを周りに伝えたら、あれって怖い映画じゃない?と言われて、

え?そうなの?。。と、ビクビクしながら観ることに…

 

全然気がつかなかったのですが、パンフレットの写真をよく見ると
少年時代、青年時代、そして大人になったシャロンの3人が1人のシャロンとして撮られていて
この発想、凄いなと思いました

 

 明るい話ではなかったけれど
『うつむいててはダメ 愛と自信を持つことがこの家のマナー』
的なニュアンスの台詞がありました
私の家でもこのマナーは採用したいです

 

いじめ、薬物、性…現代のいろんな問題がひとつにまとめられた映画でした

恋愛ものの映画だと思っていたら、それだけじゃない周りの環境が酷すぎて…

社会問題が沢山詰まった作品でした

 

 

 

 

 

※ちなみに LGBT(Q)とは
レズL、ゲイG、バイセクシャルB、トランスジェンダーTの頭文字を取って性的なマイノリティを表しているそうです